サイト紹介

当サイトは普段から肩こりがひどく、何をしても肩こりに悩まされていた制作者が少しずつでも肩こりを緩和できる方法や、専門機関について調べたものを自分でも分かり易いようにまとめたサイトです。

制作者と同じように慢性的に肩こりで悩んでいる人もいるのではないかと思い当サイトでは調べた中でも「なるほど!」と思ったものを掲載しています。

ここではほどほどの湯加減でお風呂に入ることが、リラックス効果にも繋がることを知ったので、それを紹介していこうと思います。

皆さんは、お風呂の温度は、何度ぐらいで入っていらっしゃいますか?

美容と健康のためには、だいたい40°前後が良いようです。

40°前後のお湯で、湯船に浸かることは、自律神経が整いリラックス効果があるそうです。

さらに、リラックス効果のあるアロマエッセンスなどをプラスすると、アロマオイルが湯船の蒸気とともに、お風呂場がアロマの香りに包まれて、アロマテラピー効果もあるそうです。

日本人は、熱いお風呂が好きですが、熱い温度のお湯は、皮膚が収縮してしまい、自律神経の交感神経の働きが高まってしまうことで、リラックスが得られないような状態になってしまうようです。

また、熱いお湯に入ることで、皮膚の表面の温度は上がったとしても、身体の内部の温度が、温まりにくく、新陳代謝などが促されないといったような事柄が一般的には言われているそうです。

シャワーだけですと、どうしても肩こりや腰痛などの体の強張りをほぐすことが、なかなか難しいので40°前後のお風呂にゆっくりと浸かることが、良さそうですね。

何事も余裕を持ってゆっくりと行動を行うことで、自律神経のバランスを整えることができ、美容と健康のためになるそうです。ですが、長風呂は禁物です血圧が下がりすぎてしまい、失神や脳卒中などの原因となる可能性があります。何事もほどほどで行きましょう。

肩こりの原因を紹介!【Multisport】-TOP-