ストレートネックの予防法

現代の日常の生活習慣から、今までには診断されにくかったストレートネックという症状が多く診断されていることはご存知でしょう。ストレートネックという症状を知らず、なんだか首や肩が痛いといった人が整体や整骨院でそう診断され、初めて知るということも少なく無いでしょう。この症状は、日常生活や仕事環境が主な原因として考えられてきましたが、気付いてから治療するにはとても大変な期間がかかってしまうと言えるでしょう。日常生活や仕事環境が原因ということは、ストレートネックになりにくい習慣というのを身につけるのが良いでしょう。痛みが出てしまってから始めるのではなく、しっかりと予防法を身につけるよう心がけておくと良いでしょう。ストレートネックの症状の原因とされているのは、スマホやパソコンを見るときの姿勢に大きく関わると考えられています。スマホやパソコンを見る時の前かがみの姿勢というのが長時間続くと、背中を丸めた状態が続き、頚椎に多大な負担をかけてしまうことになっているようです。このような作業を長時間行う時には、反対にこういった姿勢を取らないように気をつければ良いと言えるのでは無いでしょうか。簡単にいうと、負担のかかる「いつもの姿勢」と反対の姿勢を取るということが予防になると言えるのでは無いでしょうか。とはいっても、日常生活で身についたものというのはそう簡単に変えることはできないでしょう。明確な目標を持ち、姿勢とともに意識を変えていくことが重要になると言えるでしょう。移動時間など、ついスマホを触ってしまいがちですが、たまには背筋を伸ばして車窓に目を向けるのも気持ちが明るくなって良いものですよ。