読み込み中...

姿勢と筋力を整えよう

肩こりに悩んでいるあなた、もしかしたら原因は姿勢と肩こりにあるかもしれません。

皆さんの頭の重さは、体重の 1/10位などと言われています。

ですから、体重が50 kg の方の頭部は、約5 kg 体重が60 kg の方の頭部は、約6 kgの重さを皆さんの首で支えていることになります。首がこりやすいというのは、そのような重いものを支えているのですから仕方がないですよね。

首が凝ってくると、どうしても肩こりなども併発してきますが、そもそも、現代人はストレートネックなどと言われ、この頭部を支えている首の骨のカーブに、近年、多くの非との間で異常が見られるそうなのです。

本来ならば、緩やかなカーブを描いていなくてはならない首の骨が、昨今の現代人は、ストレートになっていると言われています。首の骨がストレートになることによって、首に自身に、頭部の重さや衝撃が、ストレートに伝わり、首の筋肉が緊張、硬直し首のこりの原因になっているなどと言われているようです。

そして首のこりが続くことで、周辺の肩や背中などにも緊張が伝わり、慢性的な肩こりなどになると考えられています。

        

現代人の肩こり

       

ほぼ一日中、デスクワークをしている現代人は、肩こりや、首こり、眼精疲労などに悩みを多く抱え、それらの「コリ」や「疲労」に対して、多くの人々が、何かしらの予防や対策を行っているようです。

街中には、整骨院やマッサージ店など、リフレクソロジー施術を施す店舗が数多く見られます。

現代人は、身を粉にして働きながら、そのようなリフレッシュや癒しを求めることに、その対価を支払っているのかもしれませんね。

身を挺して働きながら、そのダメージを癒すために時間やお金を費やしていることを、皆さんはどうお考えでらっしゃいますか?

        

肩こりを軽減する働き方

           

肩

長時間、同じ姿勢を保たなくてはならないデスクワークなどは、人々のフィジカル面や、メンタル面に大きなダメージを与えているなどとも考えられています。同じ姿勢を保つことで、同じ筋肉が緊張し、また筋肉が過度に緊張することから、血流などが悪くなるなどと言われているようです。

このような現代人の働き方は、運動不足や、生活習慣病などを生み出し、健康的なフィジカルや、メンタルを人々から奪っているのだとも考えられているようです。

とは言いつつも、そのような職場環境を改革することは、なかなか難しいこともありますので、皆さんのセルフコントロールということで、整骨院やマッサージ店などを、はじめとするリフレクソロジー施設などを利用しながら、お身体のメンテナンスを心がけて行きましょう。

この施設の中には肩こりラボなど、肩こりの専門院などもあるようですので1度問い合わせてみると良いかもしれません。

また、長時間にわたる、作業を行う場合は、必ず定期的に休憩をはさみ、ストレッチや意識的に深呼吸などを行うように致しましょう。

    

改善するには?

      

やはり確実なのは、病院をはじめ肩こりへの対処を行っている機関へ相談することです。国家資格の有無や認可施設か否かは確認することをおすすめします。

普段の対処を考える上では、まず原因を知ることが大切でしょう。

ストレートネックの原因としては、スマートフォンの普及や、長時間デスクワークとしてパソコンの画面などを見る際の姿勢の悪さなどが、指摘されています。

また、生活様式が、畳や座卓といった日本の伝統的な生活様式から、西洋風のリビングといった形でソファーやテーブル椅子などを取り入れた、洋風の生活様式により、それまでは、日常生活の中で、立ったり座ったりを繰り返していたことで筋力を身につけていた、日本人全般の筋力が落ちているなどとも言われています。

姿勢を良くすることで、正しい筋力や正しい筋肉も生まれてきますので、まずはデスクなどで、長時間作業をされるような場合でも、姿勢を正すことから始めてみるなど、日々の生活への意識を変えることからはじめてみるのが良いでしょう。

同じパソコンの画面などを、長時間見続けることによって、視点が同じ箇所に定まってしまい、視野が狭まってしまってしまったり、視力の低下などを招いているのではないかと考えられています。